新車 値引き

新車 値引き

新車を値引きをしてもらって、購入するには。 取り扱っているディーラーさんと、それなりの交渉をしてから、ある程度納得して、購入しているのが、普通ですよね。 でも、それだと、もしかしたら、「もったいない形の新車値引き交渉」かもしれないって、聞いたら・・・どう、思います。

新車 値引き > 新車 値引き

新車 値引き交渉

新車の値引き交渉の最初は。
ライバルになる車とか、兄弟車とかを、引き合いに出して、競争をしてもらいましょう。
同じ車だったとしても、資本系列が違ったり、すれば、競争をしてくれる可能性が、高いんだそうです。

次の段階の新車の値引き交渉は。
まだ、迷っている風情で、「値引きの金額や条件次第で、決めるかも」っていうスタンスを、営業マンに思ってもらえるようにするんだそうです。営業マンに、交渉の手段として、競争をあおっていると、見透かされないようにするのが、大事なんだそうです。
新車の値引き交渉の時に、引き合いに出すのは、「家族が」とか「嫁が」とかがいいみたいですね。(ただ、独り身の人は、これは、できないので、そこまで、演技は、しないほうがいい・・・というか、見透かされてしまいますから)

新車 値引き 下取り車

新車の値引きの交渉をディーラーさんとやりとりしていく中で、下取り車を持っているなら、見逃せないのが「下取り車」で、競争をしてもらうことなんだそうです。この査定金額が、アップするっていうことは、すなわち「値引きがその分拡大した」っていう効果と実質的に同じことになるのは、わかりますね。

あらかじめ買取業者さんに査定をしてもらっておくと、下取り車の相場とかが、頭に入ることになるので、ある程度「わかったふり」とかもできるんだそうです。また、買取専門業者さんに査定をしてもらうときにも、その業者さんどうしで、競争をしてもらうと、より高い金額が出てくる可能性があるので、その辺は、うまく進めたいところですね。

こういった情報を持ちながら、ディーラーさんと新車の値引き交渉することでより高い査定金額を引き出すことが、できる可能性が高くなるんだそうです。
もし、その時に、買取業者さんの査定金額と下取り車の査定金額との差額が大きいようなら、買取専門店さんに、売却するっていうのも、手なんだそうです。
買取専門業者さんと交渉するときに、重宝するのが、「車の一括査定をしてくれるサイト」です↓↓↓

新車 値引き 時期

新車を購入するときに、最大限の値引きを、勝ち取ることができうる時期というものが、存在するんだそうです。
それが、ディーラーさんの決算期なんだそうです。
通常だと、3月とか9月。
でも、問題は、その3月とか9月の月のうちに、新車の登録が完了していないと、反映されないっていう事情があるんだそうです。
ということは、そこまでに、契約をして、登録まで、済むように、早めに新車の値引き交渉を開始することが、大切なんだそうです。
3月の決算期で購入しようとするなら、1月から、遅くとも2月の初め。
9月の決算期で購入しようとするなら、7月から、遅くとも8月の初め。

ただ、この方法も、あるのですが、あえてこの時期をずらす戦法も、あるんだそうです。
それが、5月なんだそうです。
3月の決算が、無事終わって、ホッとしていても、毎月それなりの台数の新車を販売しないといけないのが、ディーラーさんですから。5月ぐらいになると、どうしても、お客さん自体も少なくなって、この時期に購入を検討してくれるお客様は、ある意味「宝物」的扱いになって、新車の値引きにも積極的に応じてくれるかもしれないんだそうです。もし、決算の時期を逃がしてしまったっていうときは、慌てず騒がず、5月ごろにひょっこりと、ディーラーさんのところに行くといいんだそうです。

こちら⇒【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

新車 値引き トップへ戻る