引越し侍

引越し 費用

引越しをするときには、費用って、とても気にかかるものです。

気持ちとしては、引越しの費用は、できるだけ、安く済ませたいっていうのが、人情です。

しかし、荷物が多いときには、どうしても引越し業者に依頼して、どのぐらいの費用で、できるのか見積もりをしてもらうことになります。

ただ、引越し業者を呼ぶまえに、どうしても、やっておきたいことがあります。

それは、断捨離です。

引越しを契機として、思い切って、いらないものは、捨てることが、とても大事です。

できる限り、捨てきって、それでも、どうしても、捨てることができないっていうモノだけになった状態で、業者を呼ぶのが、正しい節約のやり方だと思います。

※捨てるときに、そのゴミの量が多いときには、そういった専門の業者に依頼するっていうことも、できます。

こちら⇒業界最安値水準!不用品回収なら【オールサポート】

 

※※捨てるには、忍びないけど、新居には、持ち込みたくない。または、持ち込めない事情があるっていうときには、場所を借りるっていうことも、できます。

こちら⇒指示するだけでトランクルームから荷物を配送できる宅トラ

引越し業者

もうこれ以上断捨離のしようがないっていう状態になってから、引越し業者を呼ぶようにしましょう。

そのときの最大の節約ポイントは、引越し業者さん同士で、競争してもらうことです。

これは、間違いなく言えることです。

こちらとしては、一生のうちに数回程度の引越し経験しかないのですから、言ってみれば、素人同然です。

こういった引越し費用の相場とかって、わかるはずがないものです。

それでも、できるだけ、安くやってくれるところを見つけたいのですから。

となると、どうしても、引越し業者さんの間で、競争をしてもらうしかないっていうことになるんですね。


私も、経験したのですが、数万円の差って、簡単に出るものなんですね。

3社に見積もりの依頼をしたのですが、それぞれが、それぞれ、特徴のある見積書を、持ってくるんですね。

その場で、プリントアウトしてくれるところとか、後日、お持ちしますとか。

それらの見積書を見比べると、ある社は、一式になっている項目が、違う社は、明細が細かく書いてあるとか。

こういった部分を、慎重に見比べていくと、それぞれの社の考え方みたいなものが、浮き彫りになってくるものなんですね。

もちろん、コチラとしては、安くて、良心的なところにお願いしたいので、この見比べる部分は、しっかりと、検討したいところです。

私の場合は、一式のところよりは、明細が出ているところ。(明細が出ているっていうことは、その部分を前もって対処することで、安くすることができるっていうことも可能になるっていうことなので。)

営業の方が、真摯かどうか。

こういったところで、決めました。
(決して、値段が一番安かったからっていうことではないのですが、納得のいく契約ができたと思います。)

もちろん、再度、お願いして、再交渉は、しました。
(あっちでは、こういう金額になってるけど・・・どうなんですか?って)

引越し業者 見積もり

引越し業者に見積もりを依頼するときには、

どの業者に依頼をするかっていうことが、問題になります。


私の場合には、インターネットで、調べて、上から出ていた順に3社に依頼をしました。

これ、今から思うと、ちょっと無謀でした。

一応、来てもらって、見てもらって、見積もりを出してもらうのですが、

最初に来た引越し業者さんが、とても『ネバル』のですね。

他の業者との比較をされたくないようなんです。

こちらとしては、他の引越し業者の見積もりを見た上で、決めたいのですが、

そのことを伝えても、それでも、『ネバル』んですね。

「早く、予約を入れないと、トラックの手配ができなくなるから」

「明日になったら、この見積書の金額では、できなくなるかもしれないから」

・・・
なんだかんだで、1時間ぐらい居座られたでしょうか。

コチラとしては、1社だけの見積もりだけでは、決められないっていうことで、帰っていただきましたが。

(後日、確かに安かった可能性があったのですが、なんかイメージが悪かったので、他のところに決めましたw)


どうして、こんなに居座られたのかって、考えたのですが、

たぶん、単独で、依頼をしていたからかもって、思っています。


あとから、気づいたのですが、『一括で、見積もり依頼を出してもらえるサイト』があったんですね。
こういったサイトから依頼をしていれば、引越し業者としても、他社からの見積もりが出てくるっていう前提があるので、私のときのように『ネバル』ようなこともなかったのかなと・・・

そんなことを、思っています。


『一括で、見積もり依頼を出してもらえるサイト』は、こちら⇒引越し侍


​こういったサイトからなら、入力は、1回だけで、あとは、それぞれの業者からの連絡待ちっていうことになるので、そういった意味でも、楽ができますね。

 

 
 

おもしろい通販

 

60歳の男性です。
引越し経験は、それなりに。
本文の中にも、書いてありますが、
自分で調べて、自分で業者に依頼するっていうのは、とてもリスキーだったなって、思っています。

詳しくは、↓↓↓

© 2018 引越し rss